木原稔
メニュー
みのる日記 検索
みのる日記 最近の投稿
みのる日記 カレンダー
2006年 6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
みのる日記 月別過去ログ
みのる日記 : 2006年 6月

2006年6月30日(金曜日)

button_blue夏越大祓

●熊本日日新聞本社を訪ねました。「議員サロン」コーナーの取材を受けました。

  

●熊本城稲荷神社で「夏越大祓(なごしおおばらい)」の祭事が行われました。一年の後半を迎えるに当たり、過去半年間の知らず知らずに犯せる「罪・けがれ・あやまち」を祓い清めて清新なる神心に戻し、すがすがしい身心となって、明日からの生業にはげみ、悪疫にかかる事無く酷暑を無事に過ごすことの出来るよう祈願する日本古来の伝統久しい行事です。家内が参加しました。どうしても当日行くことのできない方は、紙の「人形」として参加できます。私の場合も今回は代理で「人形」が「茅の輪(ちのわ)」をくぐりました。『夏越しのはらへする人は千歳の命延ぶというなり』

  



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 22時45分45秒

2006年6月29日(木曜日)

button_blue激論

9:30、来客対応。

10:30、「伝統と創造の会」の勉強会に参加しました。中国民主化活動家アーピン・ツァン氏による「民主化活動家から見た中国と中国共産党の現状」というテーマの講演を拝聴しました。

  

12:30、「無派閥新人議員の会」定例会が行われました。

13:00、「83会勉強会」に出席しました。9月に行われる自民党総裁選挙の歴史や仕組み・実施要領について党本部からの説明が行われました。自民党総裁=総理大臣を選びます。

  ← 83会が久しぶりに顔を合わせました 

15:00、「無派閥新人議員の会」幹事会に出席しました。当会の事務局を務めます。

16:00、「自民党金融調査会 貸金業制度に関する小委員会」に出席しました。上限金利に関して2時間にわたる激しい議論の末、結論には至らず来週に続きます・・・小委員長、ご苦労さまです。

19:05、JAL便で帰熊。



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 22時04分49秒

2006年6月28日(水曜日)

button_blue貸さない親切

国会が閉会中にもかかわらず、「自民党金融調査会 貸金業制度等に関する小委員会」では積極的に議論が展開されています。いわゆる「グレーゾーン金利問題」についてです。日本の貸金業は、二つの上限金利により金利規制を受けています。出資法の上限金利(29.2%)と、利息制限法の金利(貸出元本額により年20.018.015.0%)です。出資法には悪質な貸金業者を取り締まる目的があり、上限金利を超える高金利は刑事罰の対象になりますが、利息制限法は賃借契約を民事で規定するもので20.0%を超えても刑事罰を問われません。こうした二重基準によって生じた20.029.2%の間を「グレーゾーン」といいます。消費者金融会社などの金利がここに設定されているのは、刑事罰の対象にならないからです。

今回の、貸金業制度見直しの目的は、‖申添通骸圓自殺に追い込まれる事態を救済すること、◆屮筌澡盒伴圈廚猟品、です。「ヤミ金業者」とは、出資法の上限金利を超える高金利で貸し付けるなど、貸金業規制法に違反する貸金業者をいいます。決して払うことの出来ない高金利で契約をした上で生命保険をかけて自殺に追い込む極めて悪徳な業者も存在します。

この点、貸金業界は、逆に今まで金利を下げすぎたことでヤミ金業者を増長させたと主張しています。今後、さらに金利を下げれば中小零細貸金業者は倒産し、大手業者も審査が厳しくなり、その結果として貸し渋りがおこり、真面目な利用者の利便性を損ないヤミ金業へ流れる人が増えると警告しています。

しかし、年間自殺者3万人のうち8千人が、はじめは正規貸金業者から短期・小口で借りた事をきっかけにヤミ金の餌食になってしまった多重債務者である一方、高額納税者の上位に大手貸金業の役員が顔を揃えている現実があります。また、莫大な広告費を使って「簡単で手軽なキャッシング」を至る所に大量宣伝して積極的に借金を促し、テレビCMなどで女性タレントや動物を利用して借金への抵抗感をなくすことを助長している日本の現状は、先進国として正常ではない気がします。

思うに、今回必要な貸金業制度の見直しは、ヤミ金業者を徹底的に追放する法整備を整えることは勿論、ヤミ金業へ流れる客層を大量生産している正規貸金業者にも一定の歯止めをかけることではないでしょうか。利用者が理解し難い「グレーゾーン」は、司法(最高裁判決)の要請に応えるためにも撤廃は避けられないでしょう。

「借りる人は自己責任があり借りたら返すのが当たり前」という意見はその通りだと思いますが、「貸さない親切」もあって然るべきであり、「勤労の尊さ」を再確認する契機になればよいと考えます。いよいよ明日は「上限金利」の議論です



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 23時37分08秒

2006年6月27日(火曜日)

button_blue豪雨被害状況

●6月24日〜26日の雨による熊本県の被害状況(6月27日現在)

〔1〕人的被害

  • 死者1人(山都町)
  • 重傷者1人(山都町)
  • 軽傷者4人(山都町2、宇城市2)

〔2〕住家被害

  • 全壊2山都町2
  • 半壊2山都町2
  • 床上浸水41熊本市4宇土市6城南町1玉名市13玉東町4植木町3山都町10
  • 床下浸水235熊本市35宇土市23、宇城市4美里町20荒尾市1玉名市53玉東町19、和水町1長洲町15植木町13、合志市1菊陽町1甲佐町14山都町29八代市6
  • 一部破損10熊本市1美里町1荒尾市1、和水町1長洲町2、阿蘇市1八代市1、天草市1

12:05、JAL便で上京。

16:00、「金融調査会 貸金業制度等に関する小委員会」に出席しました。第二回目の論点整理が行われました。グレーゾーン金利問題の議論は次回に持越しです。



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 23時54分41秒

2006年6月26日(月曜日)

button_blue大雨洪水警報

●熊本市にある会社の朝礼を訪問し国政報告をさせていただきました。会社でも校区でも仲間内でも、ご連絡いただければ何処へでも参上いたします。政治に対する皆様のご意見をお聞かせ下さい。

    

●熊本では1時間に113ミリの記録的な雨量を観測しました。53年前の昭和28年の今日は、戦後最悪の422人の犠牲者を出した6・26水害の日です。当時を思い出させるような激しい雨の降る中、熊本市の子飼橋際では慰霊式が行われました。遺族や地元の人など約20人が参列し焼香しました。



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 23時07分11秒

Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress