木原稔
メニュー
みのる日記 検索
みのる日記 最近の投稿
みのる日記 カレンダー
2009年 11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
みのる日記 月別過去ログ
みのる日記 : 2009年11月8日(日曜日)

2009年11月8日(日曜日)

button_blue大臣適性

 

少子化担当・男女共同参画担当大臣は社民党の福島瑞穂参議院議員です。福島氏のことは知っているようでよく知りません。とんがった発言には以前から興味がありました。少子化問題は深刻であり、日本にとって最重要課題のひとつなので、どんな考えを持っておられるのか、関連する著作や国会での発言を調べています。

 

1989年 『夫婦別姓はいかが』

1992年 『産まない選択〜子供を持たない楽しさ』

1993年 『夫婦別姓〜家族をここからかえる』(共著者:千葉景子)

1995年 『結婚はバクチである 本当のパートナーシップを育てるために』

 

  著作については、題名を調べただけでまだ読んでいませんが・・・。『夫婦別姓〜家族をここからかえる』の共著者は民主党の千葉景子法務大臣ですね。夫婦別姓のための民法改正案を作成する所管の大臣です。【夫婦別姓】については民主党の政策集にも書いてあるので、間違いなく法案化してくるのでしょう。あくまでも私は夫婦別姓に反対です。家族や日本の家制度の崩壊につながると考えるからです。

 それよりも『産まない選択〜子供を持たない楽しさ』ってなに?題名だけでもこれはイタイ・・・。福島大臣は自ら事実婚状態ということを公表しています。「結婚しても夫婦は別姓。子どもは生まずにお互いにパートナーとして楽しく生きる」という考え方であることがうかがえます。個人のライフスタイルなのでそれはそれでいいでしょう。でも、少子化担当大臣としてどうでしょうか?断定は出来ませんが、こうした考え方の少子化担当大臣の下では少子化がかえって推進することになりませんか??



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 22時34分38秒

Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress