木原稔
メニュー
みのる日記 検索
みのる日記 最近の投稿
みのる日記 カレンダー
2010年 1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
みのる日記 月別過去ログ
みのる日記 : 2010年1月1日(金曜日)

2010年1月1日(金曜日)

button_blue謹賀新年

「みのる日記」をご覧の皆様へ

皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶びを申し上げます。平成二十二年を迎えるにあたり、一言所感を申し上げます。

昨年は皆様にとってどのような一年だったでしょうか。私にとっては、「自己実現」が出来なかったこと、「政権交代」したことが記憶に刻まれた年でした。

「自己実現」について。二期目当選という個人的目標が達成できませんでした。落選は候補者本人の問題だけでは済みません。支援してくださる方々や団体、家族の想いを考えると期待に応えられなかった事への申し訳なさ、悔しさがつのります。もっと政治家としての資質を磨き、能力を高めなければなりません。

「政権交代」について。自民党に敗北理由がありました。現政権がマニフェストや政策インデックスに掲げて実行しようとしている諸政策について、私は選挙前から警鐘を鳴らしてきました。それでも国民に悪い選択をさせてしまった。ようやく国民は冷静さを取り戻し、日本の行く末、明日の生活に危機感と不安感を持ち始めたようです。

特に、外交・安全保障の観点でみると、中国の脅威・北朝鮮の諸問題・領土問題など日本をとりまく環境は厳しい状況です。ここにきて新たな火種を抱えてしまいました。普天間基地移転問題・インド洋海自派遣撤退・日米地位協定の唐突な見直し発言などで日米同盟が揺らぎ始めたことです。解散直前に自民党内で原案を作成した定員増強が柱の「新防衛大綱」も実現不可能となりました。本当に残念です。

また、政府は旧社会党系議員による左翼思想に引っ張られて、極めて危険な政策を次々に法律化しようとしています。例えば、「外国人地方参政権」を認め、「夫婦別姓制度」を導入しようとしています。このままでは国家解体に向けて一直線です。

さらに、安倍内閣で成立した「教員免許更新制度」も支持母体である日教組の圧力によって通常国会で制度廃止になりそうです。ようやく機運が高まっていた憲法改正の議論に関しては、全く聞かなくなってしまいました。

どこの国の政府で、どこの国の国会議員なのか、誰のために政治を行うのか、今年は耳目を疑うような事態が続くでしょう。しかし残念ながら、現時点では「現政権の危うさ」が国民に広く伝わっていないのが現状のようです。

昨年十一月に「天皇陛下御即位二十年奉祝行事」がつつがなく終了したころ、「自民党熊本県第一選挙区支部長」に再任しました。また今年から気持ち新たに政治活動を続けていく決意でおります。これからも、日本再生の為に存分に働かせていただく所存です。

そして、今年七月には参議院議員選挙が行われます。現政権のままでは、近い将来に「国家存亡の危機」を迎えてしまうことが明白です。その危機を回避するためには、一日も早く健全な保守政権を発足させる必要があります。参議院議員選挙をその足がかりにしなければなりません。

自宅や事務所に多くの方から年賀状をいただきました。誠にありがとうございました。例年の事ですが、公職選挙法により、選挙候補予定者は選挙区において季節のご挨拶を郵便等で出すことが許されていない旨をご了承願います。この場をお借りして深くお詫び致します。

天皇陛下の弥栄を心より御祈念申し上げます。

平成二十二年元旦

木原 稔



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 03時21分36秒

Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress