木原稔
メニュー
みのる日記 検索
みのる日記 最近の投稿
みのる日記 カレンダー
2010年 3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
みのる日記 月別過去ログ
みのる日記 : 2010年3月5日(金曜日)

2010年3月5日(金曜日)

button_blue「子ども手当」への疑問その1

「外国人参政権」「朝鮮学校の授業料無償化」など、在日外国人の方々へきめ細かい配慮をおこなっている<友愛>鳩山内閣ですが、「子ども手当」でも同様に、外国人の子女に対して寛容な措置が検討されているようです。

 

住民票がある外国人の、その子供も対象とのこと。実際は親に支給します。

また、母国に子供がいる「出稼ぎ」外国人にも支給されるとのこと。

 

ということは、母国に子供を残して来日する外国人が次々に増えるでしょうね。

日本に住むだけで「子ども手当」が支給されるのですから。

物価が安い国にとって26千円は月収(年収)です。

 

また、養子や婚外子にも支給されるそうです。

加えて、人数制限は考えてないとのこと。

 

ということは、一夫多妻制の国から移住する外国人が激増することでしょう。

 

「『子ども手当』は少子化対策だ!経済効果もある!」

と答弁しておられますが、

どこの国の少子化対策で、どこの国の経済効果を想定しているのでしょうか?

 

過去に「日本列島は日本人だけのものではない」と宣言された鳩山総理。

これが<友愛>というものかと首をかしげてしまいます。

 

今後、多少は修正されていくのでしょうが、この一点だけをみても極めて疑問が多い「子ども手当」です。



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 22時40分39秒

Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress