木原稔
メニュー
みのる日記 検索
みのる日記 最近の投稿
みのる日記 カレンダー
2010年 3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
みのる日記 月別過去ログ
みのる日記 : 2010年3月8日(月曜日)

2010年3月8日(月曜日)

button_blue通年議会

熊本県御船町議会が「通年議会」になりました。

 

議会の会期を1年間とするもので、既に全国5町村で実施されていますが、九州では初めてだということです。

 

通年議会は私の持論でもあります。議員は24時間、365日の仕事です。

地方議員も国会議員も毎月給与(歳費)をもらっているので当然だろうと思います。

しかし、メリットだけでなくデメリットがあるのも事実。

 

メリット

審議不十分なまま強引に成立させる危険性が少なくなる。

会期末に廃案にするかどうか与野党と変な駆け引きをしなくて済む。

災害など緊急事態への迅速な対応が可能。

 

デメリット

継続審議の手続きを行わない限り審議未了で廃案となるので、野党(少数派)は審議を延ばすことで与党(多数派)の支持する法案に抵抗しやすくなる。

提出された時点で成立する見込みが高く、与党(多数派)による独裁を抑止することが出来なくなる。

 

検討課題

1. 議員は次の選挙に向けて地元まわりがしにくい。

2. 閣僚や議員が海外渡航しづらく、外交が疎かになる。

3. 国会議員は逮捕されなくなる(憲法50条:会期中の不逮捕特権)。

4. 野党(少数派)が戦略上不利になる。

 

上記課題の解決策

1. 国会で活動することが国会議員の本分。相手も現職であれば条件は同じ。

2. 国益にかかわる閣僚(特に外務大臣)の渡航を容認する。議員も同様。

3. 短期の閉会期間を設ける(盆・正月)。事実上は休会期間。

4. 3によって、廃案に持ち込める戦略は残す。

 

国会法改正による「通年国会」。どうでしょうか?

 

【写真】後援会総会のあとは居酒屋で懇親会。店内外に私のポスターを貼っていただいている“勇気ある”店があります。感謝!

 

  



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 22時17分09秒

Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress