木原稔
メニュー
みのる日記 検索
みのる日記 最近の投稿
みのる日記 カレンダー
2010年 4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
みのる日記 月別過去ログ
みのる日記 : 2010年4月17日(土曜日)

2010年4月17日(土曜日)

button_blue大幅な公約修正は総選挙で問うべし

現在の高速道路は「休日上限1,000円」。

休日に家族でドライブに行って行楽地や観光地でお金を使ってもらう。前政権で決定したこの政策は結構評判がよいことはアンケート調査でも明らかです。

新しい需要を掘り起こしたので、料金収入も減収ではありません。

ところで、今回の「新上限料金制」は、曜日に関係なく上限料金を軽自動車1,000円普通車2,000円とするもの。

現行の割引制度を廃止するので、近距離中心のドライバーには割高になります。割合が高い「休日の普通車ドライバー」にとっても割高になります。

料金が割高になることを悪くいうのではありません。実質値上げにより国の財布が潤うことで国家財政に寄与します。

問題は、民主党の「衆院選マニフェスト」と完全に矛盾していることです。

 峭眤道路無料化」はどうなったの?

財政面や環境面を考えると、私は無料化に反対です。しかし、民主党議員全員が必ず『段階的に無料化する』と選挙で訴えていました。

◆屮灰鵐リートから人へ」の精神は?

値上げにより増えた収入で新しい高速道路を建設するとの事です(現行割引制度で計上した原資を、新上限料金制度で浮かせて、新しい高速道路建設に転用)。必要な高速道路は作らねばなりませんので私は反対ではありません。但し、「コンクリートから人へ」は撤回すべきです。

 

今になって、民主党側が政府に異議を唱えています。単なるパフォーマンスなのでしょうが、これもまた「政府与党の一元化」という公約に違反しています。

そもそも、政府への政策決定の一元化は危険極まりない。政府に入れない大部分の与党国会議員は意見をいうこともできない。限られた一部の政府関係者が日本の方向性をコントロールする仕組みで、国会軽視も甚だしい。

「高速道路無料化」と「コンクリートから人へ」は総選挙でのマニフェストの柱。腐っていてもマニフェストはマニフェスト。フレッシュな政策をやりたければ、総選挙で問い直すべきだと思います。

【写真】「木原みのる杯グラウンドゴルフ大会」。年度初めなので私も参加しました。優勝者へトロフィーを贈呈!

  

※「人気ブログランキング」賛同できた方はクリックで応援してください!

  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 16時33分39秒

Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress