木原稔
メニュー
みのる日記 検索
みのる日記 最近の投稿
みのる日記 カレンダー
2010年 5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
みのる日記 月別過去ログ
みのる日記 : ピンチをチャンスに! by minoru

2010年5月30日(日曜日)

button_blueピンチをチャンスに!

普天間飛行場移設問題が混迷を深めています。

しかし、今日は前向きな話をしたい。

沖縄県・県民感情は、裏切られた思いで県内移設反対に転換。

全国知事会でも、基地を積極的に受け入れる自治体はありませんでした。

無論、海兵隊や飛行場は『迷惑施設』ではありません。当事者も報道も表現を配慮しなければなりません。他国(日本)の為に血を流す覚悟で沖縄に駐在する、誇り高き米国軍人に失礼です。

「国外、県外」と声高に言っているのは、反米左派の方々。

「県内移設やむなし」と言っているのは、親米右派の方々。

安全保障に妥協はありませんが、双方が納得してもらう為の提案をします。

まず、今月から施行されている憲法改正のための「国民投票法」を活用します。早急に憲法審査会を開催し憲法第9条を改正し、日本に軍隊を配置します。

決して簡単なことではありませんが、日本国は日本人が守る体制を整備するのです。

予算を拡大して定員や設備を増強します。場合によっては徴兵制や核武装が議論されるかもしれません。

次に、日本軍が単独で我が国を守れるスキームができたら、日米同盟を見直して在日米軍は日本国内からお引取り願います。

そうすれば、在沖縄海兵隊の問題も普天間飛行場移設問題も自然消滅するでしょう。

現時点では、この提案が受け入れられないのであれば、基地は日米同盟が続く限り普天間に残ることになります

宜野湾市普天間の危険除去に失敗することになる政府の失政は極めて重たいといわざるをえません。

世界中から日本は統治能力がないと思われているのでしょう。

早くも、「日本の防衛政策」を論点にして、衆議院解散総選挙が必要な事態になりました。




【写真】カラオケ教室の発表会にて。ご挨拶後に一曲披露!「まつり」

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ ←「ブログランキング」クリック願いします! 



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 16時13分55秒

Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress