木原稔
メニュー
みのる日記 検索
みのる日記 最近の投稿
みのる日記 カレンダー
2010年 7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
みのる日記 月別過去ログ
みのる日記 : 2010年7月31日(土曜日)

2010年7月31日(土曜日)

button_blue消費税の逆進性について(2)

消費税の「欠点」である逆進性を克服するにはどうするか。

従来の案の検証から。

〔1〕食料品など生活必需品に限り無税対象にする。

〔2〕低所得者に限り消費税分を還付する。

この2点がよく言われます。

 

〔1〕について、線引きが難しい。

行政上の手続きも煩雑になり、徴税コストが増えます。

〔2〕について、非現実的。

菅総理が参院選で「ブレた」と言われるのは、年収が300万円以下とか400万円以下とか朝礼暮改だったから。制度設計が出来てないようです。

そもそも、還付を請求するためのレシート集めが大変。税務署で確定申告の書類の審査はおよそ不可能。脱税が横行するでしょう(低所得者にモノを買ってもらえば無税)。徹底的にやるなら人件費は巨額になります。

 

そこで、〔提案〕一律還付金支給消費税

例えば「成人男女すべての日本人に年間一律20万円を還付」します。同時に「消費税率を例外なく20%に増税」します。

その結果、

年収200万円では、160万円+20万円=180万円(税率10%)

年収500万円では、400万円+20万円=420万円(税率16%)

年収1000万円では、800万円+20万円=820万円(税率18%)

年収2000万円では、1600万円+20万円=1620万円(税率19%)

所得の多い人(消費額の多い人)の消費税率が徐々に上がっていきます。

一律同額なので還付審査もなく支給コストはかかりません。

⇒ これにより消費税の逆進性は解消されます。

 

税率が高いように見えますが、毎月の基礎年金の掛け金は払わなくて済みます。年金未納問題もなくなります。

この提案、どうでしょうか。


【写真】野球観戦は夏の楽しみ…まもなく甲子園大会。熊本県代表・九州学院高校には頑張ってほしい!!

ブログランキング・にほんブログ村へバナーをクリックして「みのる日記」を応援!



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 01時44分36秒

Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress