木原稔
メニュー
みのる日記 検索
みのる日記 最近の投稿
みのる日記 カレンダー
2010年 11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
みのる日記 月別過去ログ
みのる日記 : 2010年11月5日(金曜日)

2010年11月5日(金曜日)

button_blue尖閣ビデオ流出に思う

深夜、ある方からTwitterにダイレクトメールが入りました。

尖閣諸島沖の中国船衝突事件を撮影したビデオが流出してます」

眠い目をこすり、iPhoneのYouTubeを開くと確かにそれらしき映像が・・・。

「まさか」

そのまさかの事が起きました。とても複雑な心境でした。

思うことは二つ。

一つ目は、さっさと公表しておくべきだったと。遅ればせながら中国船の愚行(公務執行妨害)が明らかになり、現場の海上保安官による逮捕が正当化されてよかったと思いました。非公開にすることで中国政府に配慮したつもりでしょうが、中国外務省は「日本の行為自体が違法であり、ビデオ映像で事実の真相は変えることはできない」との談話を出しました。官邸は大馬鹿者です。

二つ目は、政府の情報管理や危機管理の甘さが露呈したこと。今回は公表すべき内容だったので結果としてよかったのですが、他国のスパイが本当の我が国の国家機密を流出した場合には、大変な事態になります。また、特に同盟国米国からは機密保持に関して信頼を失ったと言われています。

未だ全編公開には至らないため注目すべき「逮捕シーン」も確認できておらず、今回の映像を観れたことは手放しでは喜べないのです。

ある民主党幹部は「逆恨みした公務員による倒閣運動だろう」と怒っていると聞きましたが、これが民主党の体質を表しています。こうした事態を招いた自らの愚行や判断ミスを反省するでもなく棚に上げて『犯人探し』に夢中です。

領海侵犯や公務執行妨害など不法行為の現行犯が明らかになりました。どうして処分保留のまま釈放したのか理解に苦しみます。中国に強く抗議し船長を起訴して有罪にすべきですが、公判になったら釈放した身柄をどうするつもりなのでしょうか。

また、官房長官は「事実関係を調査をできれば、しかるべく中国に説明する」と述べました。いったい何処の国の国会議員なのでしょうか。迅速に全編公開して、国民に説明すべきではないでしょうか。何処を向いて政治をしているのか、開いた口がふさがりません。

ここ数年来、各種選挙戦や「みのる日記」を通じて、民主党の政策から垣間見える「危うき党の本質」に警鐘を鳴らし続けてきましたが、その危うさが具体化してきました。最も取り返しのきかない外交や安全保障の側面から「負の成果」が表れてきた日本は、今や「最大不幸社会」です。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へにほんブログ村←クリックしてブログを応援してください!



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 23時04分36秒

Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress