木原稔
メニュー
みのる日記 検索
みのる日記 最近の投稿
みのる日記 カレンダー
2011年 2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
みのる日記 月別過去ログ
みのる日記 : 2011年2月10日(木曜日)

2011年2月10日(木曜日)

button_blue子宮頸癌ワクチン考察

女性の子宮頸癌対策として、国は市町村に対して予防ワクチン接種の半額補助を決定しました。

子宮癌は女性がかかる癌の中で、大腸癌、乳癌、胃癌に次いで4番目に多く、近年は若年層の発症率が著しく高い傾向にあり社会問題になっていました。

昨年夏の参議院選挙で当選した三原じゅん子さんが懸命に訴えておられたので色々と調査しました。

子宮頸癌は性交渉で感染する発癌性のHPV(ヒトパピローマウィルス)がほとんどの原因です。感染して癌が発症するまで5年から10数年の潜伏期間があります。

誤解を恐れずにいえば、若い頃に複数の男性と性交渉の多かった女性が比較的かかりやすい病気と言えます。

1回5万円程度という大変高額なものですが、国が半分助成し地方が半分助成して、実質個人負担なしで接種できる自治体も出てきました。

私は以下の事を奨励します。

1.まずは若年層の性道徳の向上。「ワクチン打ってやりたい放題」はドーピングしたオリンピック選手と同じです。お天道様は許してくれないでしょう。

2.恥ずかしがらず定期的な産婦人科の検診。日本の検診受診率は24%(平成19年)、米国82%、ドイツ56%、韓国40%で、日本は極めて低い。

3.ワクチン接種の副反応を知る。発癌リスクを軽減するワクチンですが副反応による死亡例もあります。

医療行為として認められたワクチン接種について、ここでは異論を挟みませんが、ワクチンに依存する前に「大事なこと」を子供や若い親御さんに教えなければなりません。

【写真】各種新年会もようやく一段落でしょうか。

 にほんブログ村 政治ブログ 保守へにほんブログ村



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 23時40分43秒

Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress