木原稔
メニュー
みのる日記 検索
みのる日記 最近の投稿
みのる日記 カレンダー
2011年 8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
みのる日記 月別過去ログ
みのる日記 : 2011年 8月

2011年8月30日(火曜日)

button_blueチャンネル桜「伝統と創造の会」SP

民主党代表選挙のさなかCS(チャンネル桜)に出演しました。

『闘論!倒論!討論!2011』〜民主党政権の断末魔と日本の未来〜

「伝統と創造の会」メンバーによるスペシャル番組です。

3時間番組ですが・・・我慢してご覧下さい!(パート3がお薦め)

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へがんばれ日本!



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 23時01分54秒

2011年8月26日(金曜日)

button_blue未曾有ではない

東日本大震災は「想定外」「未曾有」という言葉で表現されますが、本当にそうでしょうか。

7月に岩手県の被災地視察で、山あいや高台の神社に避難した人から「祖先からの古い言い伝えがあった」と聞きました。

平安時代の歴史書「日本三代実録」によると、西暦869年に貞観地震が発生しています。今から1142年前です。地質調査からも裏付けが出来ています。また貞観地震からさらに約千年さかのぼった弥生時代にも、同じパターンの地震と津波が発生していることも地質調査でわかっていました。

「想定外」でも「未曾有」でもなかったのです。

しかし、避難所でのインタビューでは「大津波警報は知っていたが本当に来るとは思わなかった」また「これまでの津波警報の時も99%は来なかった」と聞きました。

おそらく、ほとんどの日本人がそう答えるのだと思います。

これは日本人の精神が弛緩し「歴史に学ぶ」という謙虚さが欠けている結果ではないではないでしょうか。

  • 日本の財政や経済が危機的状況だとわかっていても、「誰かがなんとかしてくれるはず」と信じてバラマキマニフェストを支持した国民。
  • 北朝鮮や中国は核ミサイルを保有し、弾道ミサイルの目標が日本であるにもかかわらず、「まさか発射しないだろう」と本気で思っている国民。

このまま国民精神が弛緩し堕落してしまえば日本国は終わってしまうでしょう。

これまで政策を担当してきた行政、営利のみを追求してきた経済界の責任は重い。加えて大衆に迎合してきた政治とメディアの責任は極めて重い。

「99%来ない」国難に対して、最悪の事態を想定して備えるのが政治の役割りで、最悪の事態が発生しうる現実を伝えるのがメディアの役割りだと思います。

日本をあきらめる訳にはいきません。

【写真】恒例のグラウンドゴルフ大会。真夏でも元気なお年寄り!

 にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本(市)情報へがんばれ日本!



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 23時46分56秒

2011年8月24日(水曜日)

button_blue本物の親日アーティスト

東日本大震災発生で多くの海外アーティストの来日公演が中止になりました。過剰に反応しすぎだと思いますが仕方ないことでしょう。

そういう中で、あえてこの時期に来日してくれたアーティストもいました。

覚えておきましょう。

  • シンディー・ローパー(歌手、アメリカ):震災当日に来日。東京、名古屋、大阪での3都市6公演を予定通り敢行。自ら募金箱を抱え観客に義捐金の協力を求めた。
  • ニーヨ(歌手、アメリカ):3月18日に来日。バックダンサーが放射能汚染を恐れて来日拒否するなかで慈善コンサートを開催。全額寄附のチャリティTシャツを米国で販売した。
  • ジェーン・バーキン(女優・歌手、フランス):家族や友人の反対を押し切って4月6日に自腹で来日。街頭で募金活動やライブコンサートを行った。
  • レディー・ガガ(歌手、アメリカ):6月21日に来日。作成した「支援ブレスレット」の収益1億2千万円は全額寄附。さらに個人としても1億2千万円を寄附した(合計2億4千万円)。

ところが、日本を脱出して帰ってこない有名日本人ミュージシャンが何組もいるのは残念です(誰とは特定しません)。今年は全国ツアーの中止も多いですね。

こういう時だからこそ全国のファンを励まして欲しいものですが・・・。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へがんばれ日本!

【写真】今年の夏祭りは「マルモのおきて」主題歌が人気!子供達がみんな踊りだします!!



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 23時53分34秒

2011年8月22日(月曜日)

button_blue幻想に惑わされるな

民主党の代表選挙が近づき、コップの中での争いが激化しています。議員だけによる投票なので国民の声は全く届きません。

政府は今後の政策について大方針を固めていますが、新首相の誕生で何が変わるのか不明です。本来、成熟した民主主義国家では、選挙を経ない政権は継続性が求められるものですが・・・

現時点で自民党の方針とは何が違うのか比較を示しておきます。これからの代表選挙で誰が何を約束するのか(しないのか)参考資料にしてください。

『ムダ排除』について

  • 民主党:あきらめた。当初は、ムダ排除で9.1兆円、天下り禁止で12.1兆円、予算組み替えで20兆円〜40兆円捻出するとしていたが、今年のマニフェストでは全ての数字が消えた。
  • 自民党:幻想は抱かせない。ムダ撲滅プロジェクトチームなどで取り組み実績を残したが、民主党のように何十兆円ものムダがあるかの幻想を国民に抱かせるようなことはしない。

『歳出削減』について

  • 民主党:やらずにばらまく。「中期財政フレーム」では、歳出を横ばいに抑えるとしているが、どうやって抑えるか分野別内訳(分担)が書かれておらず、全くの“絵に描いた餅”。一方で、バラマキが増えていくばかり。
  • 自民党:最大限やる。「骨太2006」などで、11兆円〜14兆円の歳出削減を分野別、国・地方別に明記し、シーリングと合わせ、血みどろになって実行。増税を極力回避するため苦渋の削減努力をした。

『増税』について

  • 民主党:やる。ムダ排除は水泡に帰し、歳出削減努力はしない(無計画)という中で、バラマキだけは増え続けるので、いきなり増税となる。完全なマニフェスト詐欺で国民を馬鹿にしている。
  • 自民党:最小限やる。「骨太2006」などによる歳出削減努力をした上で、なお少子高齢化への対応に必要な財源を確保するため、最小限の増税は不可避。昨年1月、税法付則に税制改革を明記。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へがんばれ日本!

【写真】韓国・金浦空港から強制送還された新藤義孝議員や稲田朋美議員とあいつぎ対談。政府に竹島問題解決を委ねることはできません。



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 15時20分01秒

2011年8月18日(木曜日)

button_blue「社会保障と税の一体改革」詐欺

さて、政府が掲げる「社会保障と税の一体改革」というものを一読してみたところ、これがまた大変いい加減な事がわかりました。

概要

  • 2010年代半ばまでに消費税を5%引き上げ、そのうち1%分は新たな給付拡大(機能強化)に充て、3%分は財政収支改善に充てる。
  • 機能強化とは、少子化対策(幼保一体化等)で0.7兆円、医療・介護(報酬見直し、国保財政支援、高額療養費見直し、低所得者保険料軽減等)で1.0兆円、年金(低所得者の年金上乗せ)で0.6兆円など。

消費税を5%上げて、3%は財政収支改善、1%は新たな給付拡大、1%は地方へ配分と言うものです。

問題点

  • 「国民年金は毎月必ず7万円もらえます」はどうなったの?(現行は平均5.4万円)これでは別途負担増は不可避です。政権交代したらすぐに7万円もらえると思っていたら40年後?年金詐欺の続行です。
  • 「後期高齢者医療制度」を見直すのではなかったの?一切言及がありません。「ワンコイン初診料」の財源も見当たりませんが・・・
  • なんやかんやで結局実施されないのでは?(2015年度までに→2010年代「半ば」までに、経済状況の好転を「条件」として)
  • 保険料はどうなるの?保険料率の上限を15%(現行18.3%)では事業主に相当なしわ寄せですけど・・・。
  • 2020年度以降は?仮に2015年度に5%引き上げても、2020年度には18兆円のPB(プライマリーバランス)赤字です。財政健全化目標はギブアップでしょうか。

あいかわらず詰めが甘い突っ込みどころ満載の「改革」です。こんな政策で国会審議を乗り切れると本気で思っているのでしょうか・・・

【写真】JR浜松町駅ホームの小便小僧。毎月衣装が変わりますが今月は海水浴姿でした。

 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へがんばれ日本!



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 11時15分43秒

Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress