木原稔
メニュー
みのる日記 検索
みのる日記 最近の投稿
みのる日記 カレンダー
2011年 10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
みのる日記 月別過去ログ
みのる日記 : 2011年10月24日(月曜日)

2011年10月24日(月曜日)

button_blue「反日・日本人」って?

藤原惺窩(ふじわらせいか)をご存知でしょうか。

戦国時代から江戸時代初期に活動した、日本で初めての儒教専門学者として高等学校の日本史教科書に登場します。

惺窩は、今で言うところの「反日・日本人」の先駆者です。

儒教を学び「儒学」こそが正義の体系だと確信します。そして当時の中国や朝鮮の実態を知らずに、両国は儒学思想をもって国家運営されていると信じ込み、純粋に中国や朝鮮に憧れます。

当時は豊臣秀吉が、儒教で言う「徳」によらずして「武力」によって日本を統治し、さらに朝鮮へ武力進出(文禄・慶長の役)を試みます。

惺窩の憤りと絶望感は頂点に達し、日本に生まれた事を悔やみ、彼の地(中国や朝鮮)へ移住しようとして二度に亘って渡海を試みましたが、あえなく失敗に終わります。

その後も日本の悪口を言いまくり、せめて朝鮮が日本を侵略し消滅させて、朝鮮のような理想国の支配下に置いてほしいと、慶長の役で捕虜となった朝鮮人に頼む始末でした。

一方で、現代にも「反日・日本人」は存在します。日本人でありながら、なぜ「反日」思想に向かっていくのか随分悩みました。中国や朝鮮半島に憧れて移住した人もいますが、惺窩と違うのは必ずしも移住したいと希望している訳ではない所です。

現代の「反日・日本人」は、脆弱化していく日本の状況を見て、将来日本が彼の国に侵略されたり支配下に置かれたとしても、確実に我が身だけは守ってもらえるように「優遇」してもらいたいと懇願しています。

だから、日本国内で彼の国の意向に沿った行動をします。自分の「反日」活動を積極的に彼の国に報告(自己PR)している事実も確認できました。

そのメンバーは経済人や学者やメディア関係者、残念なことに政治家にも存在します。文字通り「売国」日本人が、影響力の大きい有識者の中にいるということ。

祖国日本の存亡の危機には全くの無関心な、現代日本の「藤原惺窩」達を私は見逃すことは出来ません。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へがんばれ日本!



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 18時04分11秒

Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress