鈴木大地長官が退任

明日9月30日、任期満了をもって鈴木大地(すずき・だいち)さんがスポーツ庁長官を退官されます。本日、補佐官室に退任の挨拶に来られました。

今夏に予定されていた東京オリンピック・パラリンピックが延期となり、最後まで見届けられない事が心残りと仰ってましたが、5年間の任期中には「鈴木プラン」と呼ばれる競技力強化のための支援方針を提言したり、「ラグビーワールドカップ2019日本大会」を成功に導くなど、日本スポーツ界全体の底上げに大いに活躍されました。

個人的には、熊本県で開催した「2019女子ハンドボール世界選手権大会」を盛り上げていただき、スポーツ大会を通じて熊本地震からの復旧を世界にアピールすることができた事を心から感謝しています。

鈴木大地さんの今後益々の活躍を期待しています。(ガッツポーズ写真が何を意味するのか…)

なお、スポーツ庁長官の後任には元ハンマー投げ選手の室伏広治(むろふし・こうじ)さんが指名される予定です。

正代が初優勝!

新型感染症の拡大や県南部の洪水など、今年の熊本県は暗い話題が多い中、久しぶりに明るいニュースです。

本日は大相撲令和二年九月場所の千秋楽。

関脇の正代(熊本県宇土市出身・時津風部屋)が見事に初優勝を決めました!

熊本県出身者として、実に初めての賜杯となります。正代関、おめでとうございます!

そして、多くの県民に元気と感動を届けてもらい、ありがとうございました。

菅義偉内閣が発足

臨時国会にて、菅義偉内閣総理大臣を首班指名し、その後、組閣が行われました。

あらためて内閣総理大臣補佐官に就任しました。引き続き「国家安全保障に関する重要政策」を担当します。

「安倍路線の継承」を堂々と掲げて総裁選挙を勝ち抜いた菅義偉総理。私も安倍前総理の想いを胸に秘めながら菅総理をしっかりと支え、残された課題を確実に解決に導いて参ります。

皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます。

安倍総理ありがとうございました

安倍内閣は16日午前の臨時閣議で総辞職します。安倍総理の補佐官である私は、既に「辞職願」を提出しています。

安倍総理におかれては7年8ヶ月の間、常に難しい法案の成立に果敢に取り組み、特定秘密保護法・平和安全法制・テロ等準備罪関連法を成立するなど、その実績は枚挙に暇がありません。

特に、国家安全保障会議(NSC)を創設し、『国家安全保障戦略』を策定したことは我が国の防衛政策において歴史的な出来事でした。

また、熊本地震の際は「プッシュ型支援」を初めて実行し、何度も被災地に足を運び、熊本城の復旧やグループ補助金などに十分な補正予算を組んでいただきました。

安倍総理には感謝の気持ちしかありません。早く健康を回復されて、新たな活躍を本気で願う者の一人です。

本当にお世話になりました。

熊本地震から一年半、被害に遭われまだまだ不自由な生活を余儀なくされている多くの被災者の皆様が早く安心して元の生活に戻れるよう全力で復興を成し遂げて参ります。また、観光や経済の成長を皆さんに実感していただけるよう新しい政策を持って取り組んで参ります。「日本人はやればできる」夢のある日本の未来を皆さんと共に創りたいと思います。#復興 #政策の自民党 #この国を守り抜く #衆院選 #安倍晋三 #安倍総理#熊本 #木原みのる #鹿児島 #やすおか宏武 #小里やすひろ #長崎 #冨岡勉

自由民主党さんの投稿 2017年10月14日土曜日

国道57号北側復旧ルート

熊本地震で斜面崩壊した《国道57号現道》と新しく整備した《国道57号北側復旧ルート》が令和2年10月3日に開通します!

これまでミルクロードで迂回すると所要時間約43分かかっていたところ、復旧した国道57号現道を通れば約24分、さらに、新しく整備した北側復旧ルートだと約10分で通行することができます。(約33分の時間短縮)

熊本・大分間の迂回が解消し、阿蘇地域へのアクセスルートが回復することで、観光の活性化を期待するところです。

引き続き、熊本地震からの復旧を着実に実現して参ります。