熊本市長選挙が告示

自由民主党は3期目を目指す現職の大西一史(おおにし・かずふみ)候補を推薦しました。都道府県と政令指定都市の首長選挙は自由民主党本部が総裁名で推薦状を授与します。

開票日は11月13日(日)明日から期日前投票ができます。有権者60万5,956人の多くに投票に行っていただくようお願いします!

トルコ共和国の建国記念日

今年の10月29日はトルコ共和国が建国して99周年の記念日。

コルクット・ギュンゲン駐日トルコ共和国大使にお招きいただいたので、トルコ大使館での建国を祝う式典に参加しました。

記念日に際して、レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領のメッセージが披露されました。

http://tokyo.be.mfa.gov.tr/Mission/ShowAnnouncement/397230

乾杯の発声を頼まれましたので簡単な挨拶をして、トルコ語で乾杯「Serefe(シェレフェ)!」

外務省から山田副大臣や公明党の山口代表など、多くの参加者にトルコ料理が振る舞われました。

本日の国土交通委員会

国土交通行政の基本施策に関する件について、政府に対して質疑を行いました。

熊本県で副知事を務めていた小野泰輔代議士が国土交通委員として質疑。また、熊本県出身(済々黌卒)で国土交通省の堀田治港湾局長は「港湾法改正案」について政府参考人として答弁に立ちました。

熊本県出身の委員長として、以前からよく知る熊本県にゆかりのある質疑者や答弁者を指名できて、少し嬉しくなったところです。

国土交通委員会を初開催

委員長として開催する初めての会議で就任挨拶をしました。その全文を書き留めておきます。初心を忘れずに職務を遂行して参ります。

この度、国土交通委員長に就任いたしました木原稔でございます。国土交通行政は広範かつ多岐にわたり、いずれも国民の暮らしに密接に関わっております。現在、新型コロナウイルス感染症の影響による交通・観光需要の減少や、自然災害の激甚化など、我が国は様々な難局に直面しております。また、近年の周辺海域を巡る情勢の緊迫化を踏まえ、海上保安体制の強化が一層重要となっております。こうした中、現下の諸課題に取り組み、国民の安全・安心や、真に豊かで活力ある社会を実現するため、本委員会に課せられた使命は誠に重大であります。委員長に就任するにあたり、その職責の重さを痛感するとともに、公正かつ円満な委員会運営に務めて参る所存でございますので、委員各位のご指導・ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

秋の行事として開催

10月22日、碩台小学校で「せきだい秋フェス」が開催されました。本来は夏開催の予定でしたが、感染症対策として秋に延期となった地域イベントです。

10月23日、同じく碩台校区に所在する藤崎八旛宮の秋季例大祭にともなう飾馬奉納行列も約1ヶ月遅れて実施。こちらは台風14号の影響を考慮して延期になった行事です。

主催者にとって感染症や自然災害によるイベント等への影響はやむを得ないとしても、対策を講じたり、時期を変更することで、なんとか開催すべく知恵を絞っていただいてます。

地域活性化のため、伝統・文化を守るため、子供達のため、日々努力を重ねる主催者の皆様には感謝の言葉しかありません。