5期目の初登院

熊本県選挙管理委員会でいただいた当選証書を正面入口で提示すると、照合されて記章(議員バッジ)が1個支給されます。この記章を任期中は必ず着用することになります。

国会の役割は「民意の反映」と「民意の統合」と考えています。小選挙区で当選した私には熊本1区の民意を反映して法律を作っていく責務があります。同時に小選挙区の与党議員であるが故に、異論や批判にも耳を傾けて、丁寧に説明しながら民意を統合する努力を続けていくことも求められています。

熊本1区の有権者で、私に1票を投じてくれた人よりもっと多かったのは、投票に行かなかった人。次回は全ての皆さんが納得し評価していただけるような政治活動を謙虚に続けていく所存です。

今期の役職

自由民主党政務調査会で副会長(兼)事務局長を務めます。

衆議院総選挙直後から高市早苗政調会長と古屋圭司政調会長代行とともに連日の打ち合わせが続いています。

まずは人事。そして何よりも衆院選で約束した政権公約を実現するため、年内の補正予算策定に向けた準備に取りかかります。

自由民主党政務調査会にて

衆院選2021結果

熊本県第一選挙区で当選となりました。5期目も謙虚に努力精進して参ります。ありがとうございました。

◎熊本県第一選挙区有権者421,038人(投票率:52.91%)

131,371(得票率:61.0%)

●熊本市中央区(投票率:52.78%)

44,439(得票率58.7%)

●熊本市東区(投票率:53.10%)

49,484(得票率:62.3%)

●熊本市北区(投票率:52.81%)

37,448(得票率:62.4%)

衆議院解散

衆議院が解散しました。すぐに議員バッジを外し、この瞬間から「前衆議院議員」となります。

いつもはすぐに選挙区(熊本1区)へ帰るのですが、今回は靖国神社に立ち寄りました。秋の例大祭が選挙公示日と重なるため早めの参拝です。昇殿にて正式参拝させていただきました。丁寧にご対応いただいた山口宮司と村田権宮司に感謝致します。

衆院選は、公示日(10月19日)、投票日(10月31日)の短期決戦となります。岸田総裁のもとで高市政調会長と策定した政権公約を堂々と掲げ、政策論争を通じて国民の理解を深めたいと思います。

変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。