木原稔
メニュー
みのる日記 検索
みのる日記 最近の投稿
みのる日記 カレンダー
2010年 5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
みのる日記 月別過去ログ
みのる日記 : 2010年 5月

2010年5月30日(日曜日)

button_blueピンチをチャンスに!

普天間飛行場移設問題が混迷を深めています。

しかし、今日は前向きな話をしたい。

沖縄県・県民感情は、裏切られた思いで県内移設反対に転換。

全国知事会でも、基地を積極的に受け入れる自治体はありませんでした。

無論、海兵隊や飛行場は『迷惑施設』ではありません。当事者も報道も表現を配慮しなければなりません。他国(日本)の為に血を流す覚悟で沖縄に駐在する、誇り高き米国軍人に失礼です。

「国外、県外」と声高に言っているのは、反米左派の方々。

「県内移設やむなし」と言っているのは、親米右派の方々。

安全保障に妥協はありませんが、双方が納得してもらう為の提案をします。

まず、今月から施行されている憲法改正のための「国民投票法」を活用します。早急に憲法審査会を開催し憲法第9条を改正し、日本に軍隊を配置します。

決して簡単なことではありませんが、日本国は日本人が守る体制を整備するのです。

予算を拡大して定員や設備を増強します。場合によっては徴兵制や核武装が議論されるかもしれません。

次に、日本軍が単独で我が国を守れるスキームができたら、日米同盟を見直して在日米軍は日本国内からお引取り願います。

そうすれば、在沖縄海兵隊の問題も普天間飛行場移設問題も自然消滅するでしょう。

現時点では、この提案が受け入れられないのであれば、基地は日米同盟が続く限り普天間に残ることになります

宜野湾市普天間の危険除去に失敗することになる政府の失政は極めて重たいといわざるをえません。

世界中から日本は統治能力がないと思われているのでしょう。

早くも、「日本の防衛政策」を論点にして、衆議院解散総選挙が必要な事態になりました。




【写真】カラオケ教室の発表会にて。ご挨拶後に一曲披露!「まつり」

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ ←「ブログランキング」クリック願いします! 



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 16時13分55秒

2010年5月28日(金曜日)

button_blueがまだせ!

※熊本県の方言【がまだす】頑張る。元気を出す。

本日、5月28日の主な予定

06:00 早起き野球(水前寺野球場)

09:00 ミーティング

10:00 挨拶まわり

13:00 参議院比例区候補 うとたかしさん 応援演説(熊本県婦人会館)

14:00 参議院議員 まつむら祥史さん 選挙対策会議

16:30 参議院比例区候補 佐藤ゆかりさん 応援演説(下通りパルコ前)

17:30 会社経営者懇談会

20:05 熊本シティエフエム「熊本天国」出演(ゲスト:佐藤ゆかりさん)

21:30 熊本市選挙対策本部会議

【写真】松村さんと共に熊本市内各所をまわっています!

  

ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログランキングに登録。クリック応援お願いします!



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 00時30分34秒

2010年5月25日(火曜日)

button_blue口蹄疫問題(3)

「口蹄疫対策緊急措置法案」が国会に提出されます。

現在、原案(自民党案)を確認中です。

口蹄疫に起因して生じた事態に対処するため、以下の内容が盛り込まれる予定です。

 

1、口蹄疫緊急対策本部の設置

2、口蹄疫のまん蔓延を防止するための措置

3、家畜の所有者に対する特別手当金の交付

●殺処分された家畜の全額補償

●家畜の移動制限や市場の開催中止にともなう経費や経済的損失の補てん

4、生産者の経営及び生活の再建のための措置

 

自民党は来週に党内手続きを経て、できるだけ早期に提出します。

政府の初動の遅れによって、ここまで被害を拡大させたことは否めません。

【写真】熊本大学法学部でのゼミの様子。口蹄疫問題も取り上げました。

  

ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログランキングに登録。クリック願います!
にほんブログ村



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 13時03分15秒

2010年5月23日(日曜日)

button_blue日教組主導の教育革命がはじまっている

熊本教育振興会という団体があります。

学校長経験者や教育関係有識者など、日本の教育を憂う民間団体です。

その団体が、現政権の諸政策に対して大きな危惧を抱いています。

私も全く同感でしたので、ここに紹介させていただきます。

 

  • 教育基本法の再見直し

「国を愛する心」を削除し元に戻す。なぜ国を愛してはいけないの?

  • 文科省の改編

教育の地方分権化を進める。革新首長になった場合どうなるの?

  • 教員免許更新制の廃止

教員の資質向上を図る制度。研修を受けた教員の評判も良いのになぜ?

  • 全国学力テストの抽出制

全国学力水準状況調査が中途半端に。詳しくは5月16日の【みのる日記】を読んでください。

  • 教科書採択制度の学校化

職員会議が議決機関になる。一部偏向教員が学内で大きな影響力を持てる?

  • 『心のノート』の廃止

生徒自ら道徳心を養うための教材。どうして道徳性を否定したいの?

  • 「教育の政治的中立はあり得ない」

日教組出身である輿石東参院議員の発言。教育基本法14条違反では?

 

【写真】熊本市出身の自衛隊員のご父兄の会で挨拶。皆さんが異口同音に言われるのは、「隊員は日本のために命懸けで仕事をしている。自衛隊は文民統制(シビリアン・コントロール)だから政治家にしっかりしてほしい。特に今の政府は非常に頼りない。」ご意見、その通りですとしか言えません・・・

 

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ ←クリックのご協力をお願いします!



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 17時43分56秒

2010年5月21日(金曜日)

button_blue口蹄疫問題(2)

本日、午後4時の「緊急アピール」の内容です。

 

宮崎県での口蹄疫発生・拡大に伴う緊急アピール

 宮崎県での口蹄疫発生から1ヶ月を経過し、宮崎県をはじめ関係者が懸命に防疫措置を講じてきたにもかかわらず、収束するどころか拡大を続け、5月18日は宮崎県口蹄疫防疫対策本部が「口蹄疫」非常事態宣言を行ったところである。

 このようななか、九州の畜産業は全国の約3割を占めるなど、日本の食料基地として重要な役割を担っているが、これ以上拡大が進めば、九州の畜産業の根幹を揺るがしかねない危機的状況にある。現在、159例、約13万頭が殺処分対象となっている。

 拡大防止を図るため、国においてワクチン接種の方針を固めたが、地元生産者から同意が得られておらず、実施が遅れている状況にある。

 これ以上の遅れは、さらなる口蹄疫のまん延を招くおそれがあるため、農家の現状を踏まえ、国の責任において、早期かつ完全に経営再建できるよう万全の支援策を講じるとともに、直ちに半径10キロ以内のワクチン接種(全頭殺処分)、10キロから20キロ以内の早期出荷を行うことを強く要望する。

平成22年5月21日

自民党熊本県支部連合会

口蹄疫等対策本部

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 18時15分32秒

Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress