木原稔
メニュー
みのる日記 検索
みのる日記 最近の投稿
みのる日記 カレンダー
2010年 9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
みのる日記 月別過去ログ
みのる日記 : 2010年9月18日(土曜日)

2010年9月18日(土曜日)

button_blue日本国憲法の権威(1)

 

日本人は憲法に敬意を払ってきたでしょうか。

日本ほど自国の憲法を軽視している国はないと思います。

 

以下は最高裁判所で違憲判決が下り改正となった7法令です。

(平成22年9月現在)

 

        尊属殺人重罰

        薬事法距離制限

        衆院議員定数配分(一票の格差)

        森林法共有林分割制限

        郵便法免責

        在外邦人の選挙権

        非嫡出子の国籍取得制限

 

しかし、上記以外にも「憲法違反」と思われる事例が存在します。

 

        第9条で「戦力」が禁止されているのに存在する自衛隊(自衛隊法)

        第37条2項で証人尋問権が保障されているのに、ロッキード事件の一審、二審で田中角栄被告の反対尋問権は行使されなかったこと。

        第76条では明らかに職業裁判官を予定しているのに裁判員制度が法制化。

 

また、これから検討される法案にも、「憲法違反」に該当する制度が堂々と掲げられています。

 

        第15条では選挙権は国民固有の権利としているにもかかわらず、外国人に選挙権を与えようとしている。

        第89条では公の財産を公の支配に属さない事業に供することを禁じているにもかかわらず、朝鮮人学校の無償化が検討されている。

 

日本国憲法以前の刑法の改正(尊属殺など)はまだしも、憲法施行後から現在に至るまで多くの日本人(内閣、国会)は憲法を守ろうという精神が希薄です。

 

改憲派はともかく護憲派もいるのに、どうしてここまで憲法を軽んじるのでしょうか。

 

(つづく)

 

【写真】プロの演歌歌手が出演する「歌謡ショー」の前座で挨拶。

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へにほんブログ村



投稿者 minoru | カテゴリー: | 投稿時間 23時04分07秒

Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress