年頭所感

令和4年(2022年)あけましておめでとうございます。

昨年の自民党総裁選を経て岸田内閣が誕生すると同時に内閣総理大臣補佐官の職を解かれました。主に国家安全保障に関する重要政策の担当として安倍総理と菅総理の2代の総理大臣に仕え、その在任日数は755日間でした。

続く10月31日の衆院選では5期目の当選を果たすことができました。新政権では党務に戻り、政務調査会副会長(兼)事務局長に就任しました。総裁選で支援した高市早苗政調会長の下で政策全般に関与する重責であり、気を引き締めて職務に当たります。

今年は衆院選での公約を着実に実現していく年です。特に党是である憲法改正については党内体制を強化しており、国民論議と国会論戦の喚起を促し年内の国民投票を目指します。その為にも、今夏の参院選は何としても勝ち抜かねばなりません。

世界の中で輝き続ける「誇れる国」日本の創生に向けて、国政での役割を真摯に務めて参ります。いまだに至らぬ点が多い私ですが、心を新たに更に高い意識を持ち、責任ある立場として国民の負託に着実に応えていく覚悟です。

変わらぬご支援とご理解をよろしくお願い申し上げます。

令和4年 元旦

衆議院議員 木原 稔

年の瀬

毎年のことですが、寒い中で年末の地域活動に感謝しています。

防犯協会や消防団の皆さんには、今年も大変お世話になりました。

3文書の改訂に向けて

総理は所信演説で「国家安全保障戦略」「防衛計画の大綱」「中期防衛力整備計画」の3文書について、概ね一年をかけて改訂すると表明しました。

これを受けまして、自由民主党安全保障調査会(小野寺五典調査会長)は岸田文雄総理と松野博一官房長官に対して改訂に向けた諸課題とスケジュール感を説明し、了解を得たところです。

私は幹事長として調査会長に同行。久しぶりに党側としての官邸訪問でしたが、総理補佐官就任前より官邸が身近に感じました。

政府と自民党は歩調を合わせながら、年明けから本格的な議論に入ります。来年は大事な一年になります。

日本・ポーランド戦略対話

臨時国会の閉会日となった12月21日、日本・ポーランド友好議員連盟総会を開催しました。

ポーランド共和国で安全保障を担当するマルチン・プシダチ外務次官とリモートでつなぎ、ベラルーシの移民問題および東ヨーロッパにおける諸課題についての情報を共有しました。

わが国は常に世界に目を向けて、価値観を同じくする民主主義同志国とは密接に連携し、互いに助け合う姿勢を示すことが大事だと思います。

補正予算が成立

臨時国会を開いた最大の目的は補正予算を成立させることです。ですから、予算委員会では与党の政調会長がトップバッターに立ちます。

衆院選でお約束させていただいた大規模な経済対策や経済安全保障への具体策などが盛り込まれた補正予算が、慎重な審議の下で速やかに成立したことは嬉しく思います。

政府と自民党政調会では既に来年度の当初予算の編成が山場を迎えています。